値段で選ぶ

生命保険などとは違い、自動車保険は掛け捨てです。
ですから、保険料は抑えたいと思う方が多いのではないでしょうか?

とはいっても、補償内容や割引を適応しても、なかなか保険料を抑えることができないということもあります。

その場合には、違う保険会社の見積もりを取ってみるといいかも知れません。

保険会社によって、割引をする部分などが違ってくるので、値段で選ぶというときには、いくつかの自動車保険を比較し、自分と保険との相性というのも大切になるのです。

事故対応で選ぶ

自動車保険というのは、事故にあった時に必要となる保険です。

もしもの事故の時に、どんな対応をしてくれるのかということも、自動車保険の選び方のひとつとなるのです。

最近では代理店を持たないダイレクト自動車保険が増えていますが、ダイレクト自動車保険と代理店を持つ自動車保険会社の対応は、今や遜色がないといわれています。

口コミなどを見て事故対応の良い自動車会社を選ぶというのもひとつの手ではないでしょうか。

どんなロードサービスがついているか

自動車保険というと、事故のときの対応が第一というイメージがありますが、重要ポイントの一つとして考えて欲しいのがロードサービスです。

事故のときのレッカー移動などのほか、かぎの閉じ込み、ガス欠などのトラブルなどにも対応してくれる、ロードサービス。

今やどの保険にもついているロードサービスですが、保険会社によってサービス内容が違ってくるので、今入っている保険と比較して見直してみるというのもいいですね。

代理店か、通販型か

最近は代理店を持つ自動車保険だけではなく、電話やネットで加入する通販型の自動車保険も増えてきています。

代理店を持つ自動車保険は、直接担当者と会い、契約できるという安心感があります。

しかし、通販型は代理店を持たない分、保険料が格安というメリットがあるのです。

その他、通販型のほうがロードサービスが充実してるというメリットもあるようです。

代理店と通販型のメリットとデメリットを知り、比較して自分に合った保険を選ぶようにしましょう。